北朝鮮、軍事パレードで新型ミサイル公開 世界最大級のICBMか

軍事パレードに登場した世界最大級の大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられる兵器/Korean Central TV

軍事パレードに登場した世界最大級の大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられる兵器/Korean Central TV

香港(CNN) 北朝鮮は10日、朝鮮労働党の創立75周年を記念する軍事パレードを実施し、世界最大級とみられる新型の弾道ミサイルを公開した。

記念式典とパレードは平壌市内で約2時間にわたって開催され、同日夜に国営テレビで放映された。

パレードのクライマックスで、11軸の車両に載った巨大なミサイルが登場した。アナリストらによると、このミサイルを使った発射実験は確認されていないが、複数の弾頭を搭載できる液体燃料方式の大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられる。

北朝鮮が2017年に発射した米本土に到達可能なICBM「火星15」をさらに大型化したタイプと考えられる。

軍事パレードに登場した戦闘用車両/Korean Central TV
軍事パレードに登場した戦闘用車両/Korean Central TV

アナリストらの事前予想では、このパレードで固体燃料のミサイルが公開される可能性も指摘されていた。固体燃料方式は液体燃料のトラックを同行させる必要がなく、偵察衛星に発見されずに素早く発射できるという利点がある。

パレードではこのほか、新型の潜水艦発射ミサイルや戦車、防護服なども公開された。

演説を行う金正恩朝鮮労働党委員長/Korean Central TV
演説を行う金正恩朝鮮労働党委員長/Korean Central TV

金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長はパレードに先立つ演説で、今後も自衛手段として抑止力の強化を図ると強調。最近の水害被害や新型コロナウイルスと闘ってきた国民、軍に感謝すると述べ、涙をぬぐう仕草を見せた。また、北朝鮮では新型ウイルス感染による死者が1人も出ていないと改めて強調した。イベント参加者の中に、マスクを着けた人の姿はみられなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]