北朝鮮、コロナ対策を強化 ワクチン開発も報道

北朝鮮が新型コロナウイルス対策の強化に動いているという/Chung Sung-Jun/Getty Images AsiaPac/Getty Images

北朝鮮が新型コロナウイルス対策の強化に動いているという/Chung Sung-Jun/Getty Images AsiaPac/Getty Images

(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、同国は「広範な悪性のウイルス感染」への対応策を強化し、感染の広がりを阻止するための活動を進めていると報じた。

世界保健機関(WHO)によると、北朝鮮は国内での新型コロナウイルスの感染事例を報告してはいない。ただ、感染被害が甚大な中国や韓国などと接しているため感染者ゼロを疑問視する声も強い。

朝鮮中央通信は9日、保健省がワクチン開発を試みており、「緊急な伝染病対策に必要な物資」の備蓄を図っているともした。

また、特別委員会が「COVID―19(新型コロナウィルス)の侵入を徹底的に調べるため隔離、封鎖、点検や消毒に関する制御や指導を強めている」とも伝えた。

北朝鮮は国内での新型コロナウイルスの患者は皆無と主張しているが、WHOは過去に北朝鮮内で実施された新型コロナウイルスの検査回数も公表。また、朝鮮中央通信は以前、新型コロナに対応する抗菌マスクの開発も伝えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]