北朝鮮の金正恩氏、手術を受け重篤の情報

金正恩氏、手術後に「重大な危機」 情報筋

(CNN) 北朝鮮の最高指導者、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が手術を受けて重篤な状態にあるという情報があり、米政府が状況を注視している。この情報を直接的に知る立場の米当局者が明らかにした。

金委員長は、祖父に当たる故金日成(キムイルソン)主席の生誕を記念する15日の式典に姿を見せなかったことから、健康状態をめぐる臆測が飛び交っていた。その4日前には政府の会合に出席していた。

CNNは米中央情報局(CIA)、国家安全保障会議(NSC)、国務省への取材を続け、韓国にもコメントを求めている。

金委員長が北朝鮮の国営メディアに最後に登場したのは今月11日だった。15日の金日成主席の生誕記念日は北朝鮮で最も重要な祝日だが、この日の金委員長の動向は伝えられていなかった。

金委員長がこれほど重大な祝賀行事を欠席した理由は、専門家にも分かっていない。北朝鮮の最高指導者が過去にこうした重要行事に姿を見せなかった時は、重大な展開の前触れだったこともあれば、何事もなかったこともある。

「金氏の健康状態については最近、幾つものうわさがあった(喫煙、心臓、脳など)。もし入院しているのであれば、4月15日の重要な祝賀行事を欠席した理由も説明がつく」。CIAの元北朝鮮担当高官で、米シンクタンク、ヘリテージ財団のブルース・クリングナー氏はそう語る一方で、「金正恩氏や同氏の父の健康状態については、間違ったうわさが流れたことが何度もある」とも指摘した。

韓国・延世大学のジョン・デルリー教授は「今回も間違っている可能性は十分ある」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]