北朝鮮が飛翔体3発を発射、2日に続き 韓国軍

北朝鮮、飛翔体を発射 韓国軍

ソウル(CNN) 韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が9日、正体不明の飛翔体(ひしょうたい)3発を発射したと発表した。

韓国軍の発表によると、飛翔体3発は同日午前、北朝鮮の咸鏡南道宣徳(ハムギョンナムドソンドク)から北東の東海(日本海)に向けて発射された。

韓国軍は関連の動きを注視するとともに、さらなる発射に備えて即応態勢を維持するとした。

現時点でそれ以上の詳細は分かっていない。

北朝鮮は2日にも、短距離飛翔体を沿岸部の元山(ウォンサン)市付近から朝鮮半島と日本の間の海上に向けて発射していた。

韓国軍合同参謀本部はこれらの飛翔体について、北朝鮮の冬季軍事演習の一環だったとみている。

北朝鮮は昨年、非核化をめぐる米国との対話が行き詰まる中で、ミサイルの発射実験を13回実施していた。

新年のメッセージでは、「新型戦略兵器」を近い将来に披露すると予告。専門家はこれについて、強化型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)か潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の可能性があると指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]