北朝鮮が再び「重大な試験」 「クリスマスプレゼント」にロケット発射も

朝鮮中央通信が今月4日に公開した金委員長の写真/STR/AFP/KCNA VIA KNS/AFP

朝鮮中央通信が今月4日に公開した金委員長の写真/STR/AFP/KCNA VIA KNS/AFP

ソウル(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、北西部の西海衛星発射場で再び「重大な試験」が実施されたと伝えた。北朝鮮は米国に予告した「クリスマスプレゼント」として、ロケットなどを発射する可能性も指摘されている。

西海衛星発射場は北朝鮮がいったん解体を約束した施設だが、ここでは1週間前にも「非常に重要な試験」が成功したとの発表があった。

非核化をめぐる米朝間の交渉が停滞するなか、北朝鮮は米国側に対し、年内に打開策を提示するよう要求。米国にクリスマスのプレゼントを贈るとの警告を発し、譲歩を迫っている。

北朝鮮が次にどんな動きに出るかは不透明だが、トランプ米政権の注意を引きつけるのが狙いであることは間違いないだろう。

CNNが取材した専門家の多くは、北朝鮮が近く、弾道ミサイル技術を使ったロケットで人工衛星を打ち上げる可能性を指摘した。

「重大な試験」が行われたとされる西海衛星発射場/Middlebury Institute/Planet Labs
「重大な試験」が行われたとされる西海衛星発射場/Middlebury Institute/Planet Labs

米ブルッキングス研究所のエバンス・リビア元米筆頭国務次官補代理は、北朝鮮が衛星打ち上げにより、核搭載ミサイルを米本土まで到達させる能力を示そうとしても不思議ではないと話す。

さらに挑発的な行動としては、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射や核実験の再開も考えられる。

北朝鮮は2017年7月、米独立記念日の「プレゼント」と称してICBMの発射実験を行った経緯がある。

金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は昨年、トランプ氏との会談でICBM発射と核実験の凍結を約束したが、再開となれば米軍が韓国との合同演習や朝鮮半島への展開など対抗措置を取り、緊張が高まることは必至とみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]