トランプ氏、金正恩氏にDMZでの「握手」呼び掛け 今日訪韓

米朝両首脳が再び握手をする光景が見られるのか/SAUL LOEB/AFP/AFP/Getty Images

米朝両首脳が再び握手をする光景が見られるのか/SAUL LOEB/AFP/AFP/Getty Images

大阪(CNN) トランプ米大統領は29日、今週末の韓国訪問時に南北軍事境界線沿いの非武装地帯(DMZ)で北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会い、握手を交わす用意があると発言した。

トランプ氏は主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席するため日本を訪問中。この日朝のツイートで「中国の習国家主席らと非常に重要な会談を行った後、日本を離れて韓国に向かう(文大統領と一緒に)」と明らかにした。

そのうえで「もし北朝鮮の金委員長がこれを見ていたら、ただ握手してあいさつするために国境/DMZで彼と会うだろう(?)!」と書き込んだ。

トランプ氏は29日夕に韓国の首都ソウルに到着する予定で、30日に文在寅(ムンジェイン)大統領と会談してから帰国する。

トランプ氏は29日、ツイートについて記者団に、DMZで握手する可能性がないか金委員長に「探りを入れた」と説明。「彼が今どこにいるか分からないので探りを入れただけだ。北朝鮮にはいないかもしれない」と述べた。

通常、こうした会合が行われる場合は、事前に実務者レベルでの交渉と入念な準備が行われる。だが、トランプ氏の話によれば今回はより即興的なものとなりそうだ。

トランプ氏は会談が実現するか確信は持てないとしつつも、対北朝鮮外交の取り組みは既に成果を上げつつあると自信を示し、「率直に言って私が大統領に就任していなければ、今ごろ北朝鮮と戦争になっているだろう」とした。

韓国当局者は先週CNNの取材に、トランプ氏がDMZ訪問を検討していることを明らかにしていた。トランプ氏は2017年のソウル訪問時にDMZを訪れようとしたものの、濃霧のため取りやめた経緯がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]