北朝鮮、核能力「隠している」と国連報告書

北朝鮮の核開発は依然として継続中だと国連安保理の機密報告書が指摘/CNN

北朝鮮の核開発は依然として継続中だと国連安保理の機密報告書が指摘/CNN

(CNN) 国連安全保障理事会はこのほど、機密報告書の中で北朝鮮について、国内の核・ミサイル兵器を移動させて米軍による攻撃を受けないよう隠していると指摘した。

半年ごとにまとめられるこの報告書によると、北朝鮮は核・ミサイル開発プログラムを依然継続しており、その姿勢に変化は見られない。トランプ米大統領は先週、北朝鮮との非核化を巡る交渉について「ものすごく進展している」と明言。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との2度目の米朝首脳会談も、月内に開催される見通しとなっている。

国連当局者の1人は、報告書について「北朝鮮が一貫した傾向のもとで核・ミサイル兵器の製造、保管、試験のための施設を分散させている証拠を示すものだ」と述べた。

報告書では、北朝鮮に対する国際社会からの制裁も効果をあげていないとしている。海上で石油製品や石炭を違法に積み替える「瀬取り」を大幅に増やして密輸することで、制裁の回避が可能となっているためだ。

前出の当局者は、米国とシンガポールの金融機関が北朝鮮による燃料の支払いを手助けしていると指摘。また英国の大手保険会社が、瀬取りを行う船舶1隻について補償を提供していると述べた。

報告書はまた、北朝鮮が武器禁輸の措置にも違反し、小型武器や軽量兵器などの装備をリビア、スーダン、イエメンの反体制派に供給していると主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]