2度目の米朝首脳会談、ベトナム開催で調整 情報筋

2度目の米朝首脳会談の開催地がベトナムに決まったと情報筋/Photo Illustration/CNN/Getty Images

2度目の米朝首脳会談の開催地がベトナムに決まったと情報筋/Photo Illustration/CNN/Getty Images

(CNN) 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との2度目の首脳会談が、ベトナムでの2月下旬の開催に向けた調整に入っていることが分かった。この件に詳しい関係者が明らかにした。

2度目の首脳会談の開催地がベトナムになるという情報は、これまでにも浮上していた。米ホワイトハウスは1月18日、北朝鮮の核問題に関する交渉責任者、金英哲(キムヨンチョル)党副委員長との協議を経て、2度目の首脳会談を2月末に行うと発表していた。

両首脳の初の会談は、昨年6月にシンガポールで開かれた。

関係者によると、金委員長との首脳会談と前後して行うトランプ大統領と中国の習近平(シーチンピン)国家主席との会談については、現時点では協議されていない。しかし米朝首脳会談については習主席も強く支持しているという。

トランプ氏が米朝首脳会談で何を議題にするのかは、まだはっきりしていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]