トランプ大統領が中国非難 「北朝鮮に石油供給」の情報

2017.12.29 Fri posted at 16:40 JST

[PR]

フロリダ州ウェストパームビーチ(CNN) 米国のトランプ大統領は28日、中国が北朝鮮に石油を供給していると伝えられたことを受け、「非常に失望した」とツイッターに投稿した。トランプ氏は、中国は北朝鮮への石油輸出を許している「現場を押さえられた」と主張している。

これに先立ち韓国の報道機関は、中国船から北朝鮮船へ石油を移す様子が衛星にとらえられたと報じていた。

トランプ大統領はフロリダ州パームビーチ郡のゴルフ場からツイッターに投稿し、「現場を押さえた。中国が北朝鮮への石油供給を許していることに、非常に失望した。もしこうしたことが起こり続けるのなら、北朝鮮問題に対する友好的な解決は決してない」と強調している。

米国務省高官によると、トランプ政権内部では、北朝鮮を巡って中国に対して公の場でどれだけ強硬な姿勢を示すかについて論議が行われているという。

同高官はCNNの取材に対し、「特定の船舶が、船から船への石油の移転、北朝鮮からの石炭輸送など、国連の禁じた行為に従事している」と説明。「そうした行為を行っている船舶の一部は、中国を含む複数の国の企業が所有しているという証拠がある」と話している。

同高官はさらに、「我々はそうした行為を非難し、中国を含む国連安保理の理事国が緊密に連携して密輸行為を取り締まることを望む」と述べ、中国に対して、観光や石油製品の供給を含む北朝鮮との一切の経済関係を断ち、北朝鮮の労働者を締め出すよう求めた。

これに対して中国外務省の華春瑩報道官は、中国船が北朝鮮に石油を渡している現場がとらえられたという情報を否定。「中国政府は包括的に、正確に、忠実かつ厳格に、安全保障理事会の北朝鮮関連の決議を履行している」と強調した。

メールマガジン

[PR]