北朝鮮、新型ICBM「火星15」の発射成功を発表 「米全土に到達」

金委員長がミサイルの発射命令を下した

金委員長がミサイルの発射命令を下した

(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央テレビ(KCTV)は29日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星(ファソン)15」の発射に成功したと発表した。

このタイプのミサイルの打ち上げを主張したのは今回が初めて。

ミサイルの発射は金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の指示によるものとされる。KCTVは金委員長が命令書に署名する写真を放映した。

KCTVによれば、火星15は火星14よりも技術的能力が高い。950キロを飛翔し目標エリアに落下したという。北朝鮮によれば、米全土に到達する能力があるとされる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]