室内にカメラ設置で自宅待機を監視、「プライバシー侵害」の声 中国

中国では新型コロナで自宅隔離をする住民宅にカメラが設置されるケースが増えている/Lina Ali

中国では新型コロナで自宅隔離をする住民宅にカメラが設置されるケースが増えている/Lina Ali

(CNN Business) アイルランド出身のイアン・ラヒフェさん(34)が北京に戻るとアパートの扉の外に監視カメラが設置されているのに気が付いた。レンズはぴたりとラヒフェさんに向いていた。

ラヒフェさんは中国南部からの旅行を終えると家族と共に2週間にわたる自宅での隔離に入った。中国政府は新型コロナウイルスの感染抑止に向けて自宅待機を義務付けている。

ラヒフェさんによれば、扉を開けたらカメラが設置されていた。予告もなかった。ラヒフェさんは、カメラの設置はプライバシーの侵害だと憤る。

CNNが中国に滞在する外国人やSNSへの投稿、政府の声明などを確認したところによれば、正式な通達はないものの自宅待機している人たちの自宅の外に監視カメラを設置する動きは中国の一部の都市で実施されている。

中国には現在、監視カメラの利用を規制する全国的な特定の法律は存在しないが、監視カメラはすでに人々の生活の一部となっている。

中国中央テレビ(CCTV)によれば、2017年時点で中国全土に2000万台を超える監視カメラが設置されていた。一方、IHSマークイット・テクノロジーの報告書によれば、2018年時点で中国に3億4900万台の監視カメラが設置されていた。これは米国の5倍の数だ。英国の調査会社コンパリテックによれば、1000人当たりの監視カメラの設置数で算出した世界の上位10都市のうち8カ所を中国の都市が占めるという。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、監視カメラはさらに人々の私生活に近づいているようだ。

中国ではすでに、人々の移動や隔離をコントロールするための電子式の「健康コード」の利用が始まっている。地方当局は自宅待機を強化するため科学技術を活用しており、監視カメラの利用に動いている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]