ミャンマーから中国に売られる「花嫁」、出産まで拘束 人権団体が報告

ミャンマーから中国に「花嫁」として売られる女性について、人権団体が報告書をまとめた/Human Rights Watch

ミャンマーから中国に「花嫁」として売られる女性について、人権団体が報告書をまとめた/Human Rights Watch

(CNN) ミャンマー北東部にある国内避難民のキャンプ。そこで困窮していたセン・ムーンさんはある時、義理の姉妹から説得を受け、職探しのため国境を越えて中国に入った。

その車中、手渡された乗り物酔いの薬を飲んだところ気を失った。意識が戻ると、両手を背中で縛られた状態だった。義理の姉妹の姿は見えず、その場にいたのは中国人の家族だけだった。

数カ月後、戻ってきた義理の姉妹から、中国人の男性と結婚するよう告げられた。

セン・ムーンさんは別の家に移され、体を縛られて室内に監禁された。新しい「夫」は食事を持ってくるたびにムーンさんをレイプした。

こうした状況が2カ月続いた後、セン・ムーンさんは室外に引っ張り出され、虐待を行っていた男性に正式に紹介された。男性の父親から「夫」と家族を築くよう告げられたという。

その後も虐待とレイプは続き、セン・ムーンさんは妊娠。男児を出産した後、ミャンマー帰国の許可を求めた。

帰国しても良いが、赤ちゃんを連れて行くことはできない――。それが夫の答えだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]