存在感増すイスラム保守主義、戌年迎え摩擦も マレーシア

中華系が経営する店舗では春節が近づくと摩擦を避けるため犬関連のグッズを店内に入れるところもあるという

中華系が経営する店舗では春節が近づくと摩擦を避けるため犬関連のグッズを店内に入れるところもあるという

マレーシアの民主活動家、マリア・チン・アブドゥラさんは新年の飾りをめぐる動きについて、イスラム教保守派の拡大を示す兆候のひとつだと指摘し、「これまでの世俗主義が消えつつあるようだ」と懸念を示す。

チンさんはさらに、髪を覆うスカーフを着けたマレー人女性の姿が最近増えていることなどを指摘する。

クアラルンプールで予定されていたビール祭りが中止されたり、外国人歌手のコンサートで衣装が制限されたり、キリスト教徒が建物に十字架を立てることを反対されたりした例もある。

「私の息子も学校から帰ってきて、犬に触ってはいけないと言ったり、どうしてお母さんは頭にスカーフを着けないのと聞いてきたりします」と、チンさんは表情を曇らせる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]