新種の霊長類発見、生息数少なく絶滅の危機 ミャンマー

ミャンマーで発見された新種の霊長類「ポッパ・ラングール」/Thaung Win

ミャンマーで発見された新種の霊長類「ポッパ・ラングール」/Thaung Win

(CNN) ミャンマーでこのほど、新種の霊長類が発見された。しかし、生息数は推計で200~260匹しか残っておらず、絶滅の危機にさらされている。

新しく発見されたサルの「ポッパ・ラングール」はしっぽが長く、目の周りが丸く縁どられており、頭頂部に長い毛が生えている。ポッパはミャンマーの聖なる火山であるポッパ山から取られた。

今回の研究に協力した英ロンドン自然史博物館によれば、生息数は推計200~260匹。同館の上級学芸員は、野生に残された個体数は限定的であるなど、残念ながら悲喜こもごもの発見だと語った。

生息数は推計で200~260匹にとどまるという/Aung Ko Lin/FFI
生息数は推計で200~260匹にとどまるという/Aung Ko Lin/FFI

今回の研究では、ファウナ・アンド・フローラ・インターナショナルとドイツ霊長類センターが「Trachypithecus popa」という学名のサルについてフィールド調査を行った。研究チームはさらに他の全てのラングール属の試料とDNAも収集した。

こうした調査や試料からのデータや他の博物館からのデータを組み合わせて、新種の存在を確認した。

重要なパズルのひとつは、ロンドン自然史博物館に100年にわたって保管されていた標本だった。

ポッパ・ラングールはしっぽの長さや毛皮の色、頭がい骨の形など新種である手がかりはあったが、遺伝子分析でそのことが確認された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]