「殺人スズメバチ」の巣、駆除に成功 米ワシントン州

殺人スズメバチ」の巣、駆除に成功 米

(CNN) 米国で初めて見つかった「殺人スズメバチ」の異名で知られるオオスズメバチの巣が除去されたことがわかった。ワシントン州で発見されてから2日後のことだった。

オオスズメバチの巣は今月22日、ワシントン州ブレーンでワシントン州農務省(WSDA)の昆虫学者によって発見されていた。

WSDAのスタッフは捕獲したオオスズメバチに無線追跡装置を取り付けて巣の場所を探した。WSDAのメンバーは数十匹のオオスズメバチが木に出入りするのを目撃した。

駆除作業は24日に行われ、WSDAは短い声明で、作業は成功したようだと明らかにした。

「殺人スズメバチ」の異名で知られるオオスズメバチ/Karla Salp/Washington State Department of Agriculture via AP
「殺人スズメバチ」の異名で知られるオオスズメバチ/Karla Salp/Washington State Department of Agriculture via AP

オオスズメバチは米国では侵略的外来種に当たり、昨年12月にワシントン州で初めて発見された。世界最大級のスズメバチとされ、少数のオオスズメバチの群れであっても、数時間のうちにミツバチの巣を全滅することができるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]