ペンギンの同性カップル、卵をかえして母親に スペイン

スペインのバレンシアにある水族館でメスのペンギン2羽がともにひなを育てている/From Oceanogràfic Valencia

スペインのバレンシアにある水族館でメスのペンギン2羽がともにひなを育てている/From Oceanogràfic Valencia

(CNN) スペインの水族館で、ペンギンのメス同士のつがいが卵をかえして母ペンギンになり、子育てに励んでいる。

母ペンギンになったのは、バレンシアにあるオセアノグラフィック水族館のジェンツーペンギン、エレクトラとビオレット。飼育係が別のつがいの間に生まれた卵を、2羽の「養子」として育てさせていた。

エレクトラとビオレットは一緒に小石を集めて巣を作り、この卵が孵化(ふか)して今月、ひなが誕生した。ひなは約75日でひとり立ちできる見通しだという。

同水族館は25羽のジェンツーペンギンを飼育しており、今年の繁殖シーズンはこれまでに、このひなを含めて3羽が誕生している。

ペンギンは一般的にオスとメスが交代で卵を温め、卵は普通、38日で孵化する。

ペンギンの同性のつがいの養子縁組は、同水族館では初めて。しかし動物園の動物でも野生動物でも、同性のつがいは450種以上で成立しているという。

英ロンドンやドイツのベルリン、オーストラリアのシドニーでも、ペンギンの同性のつがいが子どもを育てている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]