レッドロブスターに青いロブスター、調理免れ動物園に寄贈 米オハイオ州

レッドロブスターの店舗で発見された青いロブスター。動物園に寄贈された/Akron Zoo/Facebook

レッドロブスターの店舗で発見された青いロブスター。動物園に寄贈された/Akron Zoo/Facebook

(CNN) 米オハイオ州にある飲食店レッドロブスターのチェーン店が仕入れたロブスターの中に、希少な青いロブスターが混じっているのを従業員が発見した。このロブスターは食卓行きを免れて、地元の動物園で保護されることになった。

同州アクロン動物園のフェイスブックの26日の投稿によると、青いロブスターは、同州カヤホガフォールズのレッドロブスターに勤務する従業員が発見した。従業員は、これがどれほど希少かを認識していたという。

レッドロブスターの店舗から青いロブスターを運ぶ従業員/Akron Zoo/Facebook
レッドロブスターの店舗から青いロブスターを運ぶ従業員/Akron Zoo/Facebook

同動物園によると、青いロブスターは約200万匹に1匹の割合でしか存在しない。青い甲殻は遺伝子の変異による。

レッドロブスターのスタッフは、店のマスコットにちなんで青いロブスターを「クローデ」と名付け、地元の水族館に連絡を取った。水族館から紹介を受けた動物園は、特別な水槽を用意してクローデを迎えた。

動物園に新しいすみかを得たクローデ/Akron Zoo/Facebook
動物園に新しいすみかを得たクローデ/Akron Zoo/Facebook

クローデの水槽がある展示館は、現在、新型コロナウイルス対策のため、一般客は入場できないという。

青いロブスターはこれまでにも各地で見つかっている。昨年5月にはマサチューセッツ州のレストランで青いロブスターが見つかり、地元の水族館に寄贈された。その数カ月後にはメーン州で青やピンクの鮮やかな色をしたロブスター2匹が捕獲され、続いて体が赤と黒の2色に分かれたロブスターが捕獲されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]