自宅の屋根裏にミツバチの巣、10万匹を駆除 米アトランタ

自宅に巨大なミツバチの巣、10万匹駆除

(CNN) 米ジョージア州アトランタに住む男性が自宅の屋根裏にできたハチの巣を駆除しようとしたところ、予想を超える10万匹のミツバチが見つかる出来事があった。巣も重さ約27キロの巨大なものだったという。

CNNに務めるジョージ・モンゴメリーさん(26)は2018年11月、アトランタ郊外のイーストポイントにある現在の自宅に引っ越してきた。翌年の春になると、屋根裏から大量のハチが飛び回ったり壁にぶつかったりする音が聞こえてくるのに気が付いた。

建物の土台と羽目板の隙間からミツバチの群れが入り込み、モンゴメリーさんの住む階とその上の階の間にある梁(はり)に巣を作っていたようだった。

しばらくは特に害もないとの理由で放置していたモンゴメリーさんだが、今年の2月の終わり、芝刈りをしていた時にハチの群れに襲われかけたのを契機に巣を駆除することを決意する。業者に連絡を取り、順番待ちの後で、先週になってようやく作業が行われた。

George Montgomery/CNN
George Montgomery/CNN

駆除業者のボビー・チェイソンさんはその日の朝9時ごろモンゴメリーさんの家を訪れ、正午過ぎには作業を終えて退去した。駆除には1000ドルに届かない程度の費用が掛かったが、モンゴメリーさんは状況が改善したことに満足した。

George Montgomery/CNN
George Montgomery/CNN

作業にあたり、チェイソンさんは温度カメラでハチの位置を確かめてから天井の板を外し、ハチ専用の特殊な掃除機を使ってハチを殺すことなく吸い取っていった。集めたハチの数は推計でおよそ10万匹。通常の駆除作業なら約1万~8万匹程度だという。

George Montgomery/CNN
George Montgomery/CNN

27キロ近くあった巣は蜜蝋(みつろう)として地元の職人に寄贈された。現在ハチたちは、チェイソンさんが所有するノースジョージアの施設にある新しい巣で暮らしている。

George Montgomery/CNN
George Montgomery/CNN

屋根裏の巣で作られていた蜜もチェイソンさんが施設で利用するため引き取ったが、モンゴメリーさんはその一部をもらい受け、アイスティーと混ぜて飲むなどして味わった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]