保護ブタと触れ合う「抱っこ係」のボランティア募集、里親探しを応援 米

米国の動物保護施設が、里親を探すブタと触れ合うボランティアを募集している/Cotton Branch Farm Animal Sanctuary

米国の動物保護施設が、里親を探すブタと触れ合うボランティアを募集している/Cotton Branch Farm Animal Sanctuary

(CNN) 米サウスカロライナ州の動物保護施設が、保護ブタたちを人に馴れさせて里親を見つけるために、ブタと触れ合うボランティアの「ブタ抱っこ係」を募集している。

CNN系列局のWISによると、同施設は2018年12月、米ケンタッキー州で虐待され、放置されていた豚225頭を救出した。このうち100頭あまりはペットとして引き取ってくれる里親を探したい意向で、これまでに75頭の引き取り手が見つかった。

しかし残ったブタたちは、里親を見つける前に、人との良好な関係を築いてもらう必要があると判断した。

同施設のジョシュア・カーペンター・コスナーさんはこうしたブタについて、「多数の中で暮らしていたので人に馴れていなかった」と説明、「それでも私たちが一緒に時間を過ごせば、すぐになついてくれることが分かった。里親を見つけられるよう、人々に来てもらえればと思いついた」と話す。

同施設のフェイスブックによれば、ペットとしての生活に馴れさせるため、ボランティアにはブタと一緒に遊んだり、餌を与えたり、お腹をなでたりしてもらう計画。

「ブタ抱っこ係」募集の広告では、「ブタたちに話しかけてもらうだけでも、新しい家庭に引き取られる準備ができます」と呼びかけている。

ボランティアの申し込みは世界中から寄せられた。「向こう数カ月の予定が全部埋まったため、触れ合いのための時間枠を増やさなければならなくなった」とカーペンター・コスナーさんはうれしい悲鳴を上げている。

夫のエバン・コスナーさんも、自分たちでブタを引き取った経験から、「犬や猫と同じような経験や感情表現ができる」と太鼓判を押している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]