絶滅危惧種のクロサイ、クリスマスイブに赤ちゃん誕生 米動物園

米ミシガン州の動物園で、絶滅危惧種に指定されているクロサイの赤ちゃんが誕生した/Potter Park Zoo

米ミシガン州の動物園で、絶滅危惧種に指定されているクロサイの赤ちゃんが誕生した/Potter Park Zoo

(CNN) 米ミシガン州の動物園でクリスマスイブの24日、絶滅の危機に瀕(ひん)しているクロサイの赤ちゃんが誕生した。

同州ランシングのポッターパーク動物園によると、12歳の母サイ、ドプシーが、オスの赤ちゃんを出産した。母子ともに元気な様子だという。

同動物園の獣医師は、「ドプシーにとっては初めての妊娠だったので、飼育と獣医学の専門スタッフが今後数週間の間、注意深くドプシーと赤ちゃんの観察を続ける」とコメントしている。

これまでのところ、赤ちゃんは元気な様子で、ドプシーは出産直後からよく赤ちゃんの面倒を見ているという。

クロサイは密猟や生息地の消滅によって個体数が激減し、絶滅危惧種に指定されている。保護団体によると、個体数は1970年の推定6万5000頭から、現在では約5500頭にまで減った。それでも20年前に比べると2倍に回復している。

父サイのフィニアスは、2017年に米テキサス州の動物園からポッターパーク動物園に到着。ヒガシクロサイの繁殖計画に基づいて、同動物園がドプシーとのつがいによる繁殖を試みていた。

動物園水族館協会(AZA)公認の動物園で飼育されているクロサイはおよそ50頭ほどしかいない。ポッターパーク動物園によると、動物園で生まれるクロサイの赤ちゃんは年に2頭にとどまる。

Critically Endangered Black Rhino Calf Born at Potter Park Zoo in Lansing, MI

For the first time in our 100 year history, a black rhino calf has been born at Potter Park Zoo! Doppsee gave birth at 5:40 a.m. this morning (December 24). Animal care and veterinary staff are happy to report that the calf stood up about an hour and a half after birth and appears to be nursing well. Doppsee and her son (it's a boy!) are bonding behind the scenes in the rhino barn at Potter Park Zoo and will not be visible to the public until weather allows in the spring of 2020. There are just over 50 black rhinos in the care of AZA-accredited zoos. On average less than two black rhino calves are born in human care each year, making every calf born vital to this critically endangered population.

Potter Park Zooさんの投稿 2019年12月24日火曜日

24日に誕生したサイの赤ちゃんは母サイとともに、数カ月以内に一般公開される予定。同動物園はソーシャルメディアを通じて赤ちゃんの様子を伝えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]