ペット犬の1日1回の散歩義務付け、違反は罰金 豪州

1日1回は散歩をしないと・・・/Cameron Spencer/Getty Images AsiaPac/Getty Images

1日1回は散歩をしないと・・・/Cameron Spencer/Getty Images AsiaPac/Getty Images

(CNN) オーストラリアの首都キャンベラを抱える首都特別地域(ACT)でペット犬の飼い主が1日に少なくとも1回、散歩させなかった場合、最高で4000豪州ドル(約29万2000円)の罰金を科す新法がこのほど発効した。

犬を人間と同様、知覚を持つ生き物と受けとめ、その福祉の向上を狙った措置の一環。豪州でこの種の法律を成立させた州は初めて。

26日に発効した新法によると、保護の手立てやえさ、飲み水など基本的な飼育上の要件を満たさないことが判明した場合、飼い主に現場で罰金を科す。

犬を24時間閉じ込めていた場合、飼い主には2時間は犬を自由に動き回らせることを命じ、従わない場合は法的措置を講じる。

新法成立を進めたACT政府の都市公共サービス担当の閣僚は報道発表文で、「近代社会における動物の福祉は飼育される環境に動物が精神的かつ物理的にどう対応しているかを考慮するのが必要」との考えを示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]