犬に原因不明の疾患、全土で急死相次ぐ ノルウェー

ノルウェー全土で原因不明の病気のために犬が死んだという症例報告が相次いでいる/John Moore/Getty Images North America/Getty Images

ノルウェー全土で原因不明の病気のために犬が死んだという症例報告が相次いでいる/John Moore/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) ノルウェー全土でこの数週間の間に、原因不明の病気のために犬が死んだという症例報告が相次ぎ、当局が原因の解明を急いでいる。

最初の症例は首都オスロで報告され、続いて犬の具合が悪くなったという報告が各地で相次いだ。これまでに18県のうち13県で症例が報告されている。

ノルウェーの食品安全管理当局や獣医師協会によれば、これまでに死んだ犬は少なくとも25匹に上る。

9日に行われた解剖では、複数の犬から「異常な量」の細菌が2種類見つかった。

しかし現時点でそれ以上の詳細は分かっていない。当局は、サルモネラやカンピロバクター、毒物などの可能性はないとの判断を示したが、これまでの調査でもまだ、確固とした結論は出ていない。

犬の具合が悪くなる症状自体は珍しくないものの、発症する犬がこれほど急増しているのは異常だと獣医師協会は指摘する。いったん症状が表れると急激に重症化するのも特徴で、先の週末には急性の症状のために安楽死させられた犬や、病院にたどりつく前に死んだ犬もいた。

調査にはノルウェー生命科学大学も協力し、飼い主を対象に調査を実施するとともに、全土の獣医師2000人とも連携して、死んだ犬のウイルス研究や検視などを行っている。

原因としては病原菌のほかに、ウイルス、菌類、寄生虫、さらには水質などの環境要因も考えられるという。発症した犬の総数は現時点で把握できていない。

飼い主に対しては、散歩中にほかの犬と接触することは避け、症状がないかどうか注意深く見守るよう促している。

ドッグフードが原因だったことをうかがわせるような兆候や、人に感染する兆候は、これまでのところ表れていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]