サルの脳に人間の遺伝子、中国の研究者が移植実験 批判も

アカゲザルの赤ちゃん

アカゲザルの赤ちゃん

香港(CNN) 中国の研究グループがこのほど、人間の脳の発達に関わる遺伝子をサルに移植することで認知機能を向上させたとの論文を発表し、科学界を二分する論争を引き起こしている。研究グループの1人はCNNの取材に、長期的には人間の脳疾患に関する知見をもたらす内容だと述べ、批判に反論した。

この研究は複数の大学が共同で実施したもので、中国南西部の昆明動物研究所が主導した。人間の知能獲得につながった進化の過程について解明を進める狙いがある。

論文は先月27日、中国の科学誌「ナショナル・サイエンス・レビュー」に掲載された。「脳の大きさと認知能力は人間の進化の中で最も劇的に変化した特徴だが、こうした人間に特有の変化の基にある遺伝的メカニズムは依然未解明だ」としている。

論文によれば、今回のような研究が行われたのは初めて。

実験では、アカゲザル11匹に脳の発達や進化に重要とされる人間のMCPH1遺伝子の複製を移植することに成功。サルの行動や生理機能を分析した結果、対照群に比べて短期記憶や反応時間の面で優れていたという。また、発達にはより長い時間がかかった点も人間に近かったことが判明した。

研究責任者の1人、昆明動物研究所のスービン氏は、実験内容については大学の倫理委員会から審査を受けたと指摘。国内外で推奨される科学慣行のほか、動物の権利に関する国際基準にも従ったと主張した。

CNNに寄せたメールでは「長期的に見れば、こうした基礎研究は脳の発達異常で引き起こされる(自閉症のような)人間の脳疾患の原因分析と治療にとっても貴重な知見をもたらすだろう」と述べた。

ただ、科学者の間では、サルや類人猿への遺伝子移植の倫理性に関して長年議論があり、今回の実験についても「危険な道」につながると指摘する声が出ている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]