悪夢の瞬間? 巨大タランチュラが有袋類を捕食 ペルー

ペルーでは大きなクモがカエルを捕らえる場面も/Pascal Title

ペルーでは大きなクモがカエルを捕らえる場面も/Pascal Title

ラボスキー氏は他の研究者を連れて年に1~2回、ペルー南東部にあるアマゾンの低地熱帯雨林を訪れている。

夜間調査で探すのはヘビやカエル、トカゲだが、その中で大型のクモが獲物を狙う様子をたびたび目撃した。大きなコオロギやバッタを食べる場面も多く見られるという。

ラボスキー氏は、生物学者はこれまで小型脊椎動物が大型のクモやムカデに殺されるケースの多さを見過ごしていたのではないかと指摘。「こうした動物の多くは生態が全く分かっていない。われわれの知識がいかに少ないか浮き彫りになった」と話している。

まるでホラー映画、大量のクモの巣が町覆う ギリシャ

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]