野生のカバ2000頭の駆除、5月に開始 ザンビア

ザンビア東部を流れるルアングワ川のほとりに集まったカバたち/Wolfgang Kaehler/LightRocket via Getty Images

ザンビア東部を流れるルアングワ川のほとりに集まったカバたち/Wolfgang Kaehler/LightRocket via Getty Images

(CNN) アフリカ南部ザンビアは、5月から東部州で野生のカバの駆除に着手する。同国の野生生物省が21日、CNNに明らかにした。計画に対して動物保護団体は強く反発している。

国立公園・野生生物局の発表によると、カバの駆除は東部州にあるルアングワ川渓谷で実施する。

この計画については、ザンビアの観光相が昨年10月に発表していた。ロイター通信によると、観光相はこの時点で、5年間で最大2000頭のカバを駆除すると説明していた。

カバの駆除は、動物保護団体の「ボーン・フリー」(本部・英国)などが強く反対したことを受けて2016年に棚上げされた経緯がある。ボーン・フリーは今回の計画についても強く非難、ザンビアのルング大統領に対し、即刻中止を求める書簡を送ったことを明らかにした。

野生生物省などは、カバの個体数の増加や川の水位の低下を駆除の理由として挙げている。

これに対してボーン・フリーでは、その裏付けとなる科学的根拠が示されていないと主張。過去に同地で行ったカバの駆除も、個体数を減らす助けにはならなかったと述べ、「カバを駆除すれば繁殖が促進され、結果的に個体数が増えて、死と破壊の悪循環になることは、科学的証拠で示されている」と訴えた。

カバは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「危急種」に分類されている。世界の個体数はIUCNの推定で11万5000~13万頭。カバが生息する国では、保護対策を優先するようIUCNは勧告している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]