ペンギンの同性カップル、卵をかえして親に 豪水族館

シドニーのシーライフ水族館でペンギンの同性カップルが温めた卵から赤ちゃんが生まれた/Sea Life Sydney

シドニーのシーライフ水族館でペンギンの同性カップルが温めた卵から赤ちゃんが生まれた/Sea Life Sydney

(CNN) オーストラリア・シドニーの水族館でこのほど、同性カップルのペンギンが卵をかえし、親になる出来事があった。

親になったのは、いずれも雄のジェンツーペンギンのスフェンとマジック。シーライフ水族館の職員が偽の卵を与えたところ、温めて親としての資質を示したことから、本物の卵を託された。

この卵は今年の繁殖期に二つ卵を産んだ別のカップルのもの。ジェンツーペンギンは通常、一つの卵を育てる余裕しかなく、「予備」のひなは大抵死んでしまう。

水族館の職員によると、スフェンとマジックは強い絆を築くようになり、繁殖期前には離れられない関係になっていた。2羽が一緒に歩いたり泳いだりする姿を来館者が見かけることも多く、親として有望と判断された。

ひなは今月19日に生まれた。体重はわずか91グラムで、名前は未定となっている。

水族館はツイッターで誕生を発表した際、「性別は2カ月以内に確認予定。父親2羽の状態はいずれも良好で、子どもにメロメロです」と明らかにした。

一般的には雄の方が体重が重いものの、雄と雌で外見が似通っているため、専門家による性別の決定には一定期間の行動観察が必要となることが多い。

2羽の父親は今後5~6週間の間、赤ちゃんに1日10回えさを与える責任を担う。赤ちゃんは成長すると羽毛が生えかわり、泳ぎの訓練も始める。

水族館のペンギン部門責任者、ティシュ・ハナン氏はウェブサイトで「鼻高々の両親が赤ちゃんをかわいがり、代わる代わる世話する様子を見るのは大好き」と語った。

一方で「ペンギンのひなの命は最初の20日間が最も危険」とも指摘。このため、ひなが幸せに健やかに育ち、親から十分なえさを与えられることが一層重要になると話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]