タコの赤ちゃん誕生の映像、米水族館が公開 瞬時の変色に魅了

2018.02.09 Fri posted at 12:37 JST

[PR]

(CNN) 米バージニア州の水族館が、タコの赤ちゃん誕生の瞬間をとらえた映像をインターネットで公開し、魅了される人が続出している。

マダコの仲間、ウデブトダコの赤ちゃんは6日午後、バージニア水族館・海洋科学センターで誕生した。この瞬間の映像が公開されると、翌日のツイッターはファンの感嘆の声であふれ返った。

白い卵嚢(らんのう)を破って飛び出したタコの赤ちゃんは、透き通った白色から茶色がかった色へと、瞬時に変色している。

同水族館の広報は変色の理由について、「孵化(ふか)のストレスで色素細胞が燃焼したか、あるいは身を守るためにカムフラージュする瞬時の本能に関連しているのかもしれない」と説明する。

色が変わるのはタコの生まれながらの習性だという。「タコには電気パルスを使って細胞を開閉する専用の筋肉があり、これで自分をカムフラージュできる」と、魚類や無脊椎(せきつい)動物に詳しい学芸員のジュリー・レバンズ氏は述べる。

誕生した赤ちゃんは順調に生育中。名前は未定だという。

ツイッターで公開された誕生の様子。

メールマガジン

[PR]