「生きた化石」、珍しいサメが捕まる ポルトガル

「生きた化石」、珍しいサメが捕まる

(CNN) ポルトガルの沿岸部でこのほど、「生きた化石」ともいわれる珍しいサメの一種「ラブカ」が捕獲された。地元メディアが伝えた。

ラブカの祖先は8000万年前にさかのぼる。研究者によれば、ラブカの見た目は、ティラノサウルスなどが生息していた白亜紀のころと同じだという。

300本を超える歯をもつラブカは、イカや魚、他のサメなどを捕食する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]