仏冒険家ジャンジャック・サバン氏、航海中に死亡 75歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フランスの冒険家ジャンジャック・サバン氏=2021年5月/Philippe Lopez/AFP/Getty Images

フランスの冒険家ジャンジャック・サバン氏=2021年5月/Philippe Lopez/AFP/Getty Images

(CNN) カヌーで単独の大西洋横断に挑戦していたフランスの冒険家、ジャンジャック・サバン氏が航海中に遭難し、21日に遺体が発見された。75歳だった。

支援チームがフェイスブックへの投稿で明らかにした。

サバン氏は今月1日にポルトガル南西部から出発し、大西洋の中央部にある同国領アゾレス諸島へ向かっていた。

20日夜から21日に未明にかけて2回、遭難信号を出した後、通信が途絶えたという。

ポルトガルの海事当局が、アゾレス諸島付近で転覆した同氏の舟を発見。ダイバーが水面下でキャビンの中を調べたところ、同氏の遺体が見つかった。

チームは詳細の公表を控えたいとしたうえで、遺族らに弔意を表した。

サバン氏は軍の空挺(くうてい)兵や民間機の操縦士を経て、2015年に欧州最高峰モンブランの登頂に成功。19年には、たる型のボートで4カ月あまりに及ぶ航海の末、大西洋横断を果たした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]