「とてつもない可能性」 ロシアの天才テニス少女は12歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クセーニャ・エフレモワさん、ロシアの天才テニス少女

(CNN) テニスのジュニア選手、ロシア出身のクセーニャ・エフレモワさん(12)は、ごく幼いころからスターの素質をのぞかせていた。指導者のパトリック・ムラトグルー氏も、その「とてつもない」才能を手放しで称賛する。

母親で元プロテニス選手のジュリアさんがCNNとのインタビューで語ったところによると、クセーニャさんは3歳になる前のある日、テニスを練習していた兄の横でラケットを手に取り、自分でトスしたボールを打ち始めた。

ボールは毎回ネットを越え、動作も完璧。ジュリアさんはクセーニャさんの情熱とやる気を見て、今が始め時だと確信した。「私が決めたことではない。娘はそうやって自らテニス人生のスタートを切った」と、ジュリアさんは振り返る。

クセーニャさんは今やテニス界で才能を広く知られ、インスタグラムで3万5000人のフォロワーを誇るスターだ。ナイキやヨネックスとスポンサー契約も結んでいる。

素晴らしいアスリート

現在はフランスの名門「ムラトグルー・テニスアカデミー」に所属する。アカデミー創始者でセリーナ・ウィリアムズ選手(米国)のコーチを務めるムラトグルー氏は、ジュリアさんに付き添われてやってきた9歳のクセーニャさんを見て、すぐに並外れた可能性を感じたという。

クセーニャ・エフレモワさんと母親のジュリアさん/ksenia.efremova.tennis/Instagram
クセーニャ・エフレモワさんと母親のジュリアさん/ksenia.efremova.tennis/Instagram

同氏は「とにかく運動神経が良い。テニス以外にも180度開脚やダンスと何でもできる」「母親に似て背が高くなるだろう。ショットが素晴らしく、テクニックも非常にクリーン。ボールを早くとらえることができ、攻撃的で、試合もうまい。すべてを兼ね備えている」と絶賛する。

ジュリアさんは、テニス以外にも複数のスポーツをやらせたことが、バランスの良い選手に育った理由だと話す。持久力や柔軟性が身についたうえ、早くからテニスをやり過ぎて飽きてしまうこともなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]