「スパイダーマン」新作、世界興収10億ドル突破 今年最大のヒット作に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の世界興行収入が10億ドル(約1140億円)を突破した/Matt Kennedy/Sony Pictures

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の世界興行収入が10億ドル(約1140億円)を突破した/Matt Kennedy/Sony Pictures

ニューヨーク(CNN Business) スーパーヒーロー映画「スパイダーマン」シリーズの最新作「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の世界興行収入が10億ドル(約1140億円)を突破した。

ディズニー傘下のマーベル・スタジオと共同で製作を手掛けたソニーが26日、世界興収が10億5000万ドルに達し、今年最大のヒット作品になったと発表した。

興収10億ドルを突破した作品は2019年の「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」以来で、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)期間中では初めてだ。

公開から10億ドルを超えるまでの期間はわずか12日。19年公開の「アベンジャーズ/エンドゲーム」が記録した5日間、18年に公開された「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の11日間に次ぐ史上3番目の速さだった。

同作品はすでに、北米で公開初週の興収が2億6000万ドルと、12月公開の作品としては史上1位を記録していた。

米デジタル市場調査会社コムスコアの上級アナリスト、ポール・ダーガラベディアン氏はCNN Businessとのインタビューで、「パンデミック前の時代だったとしても大変素晴らしい成績だ」と指摘。パンデミックで打撃を受けた映画業界にとって、同作品が現在の市場でこれだけの記録を達成した功績は計り知れないと強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]