ラグビーの元トンガ代表タニエラ・モア氏、36歳で死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年のラグビーワールドカップに出場するタニエラ・モア氏/Phil Walter/Getty Images

2011年のラグビーワールドカップに出場するタニエラ・モア氏/Phil Walter/Getty Images

(CNN) トンガラグビー協会は16日、元同国代表選手のタニエラ・モア氏が死去したと発表した。36歳だった。

同協会はソーシャルメディア上で、「イカレタヒ(海鷲<わし>)のトンガラグビーにおいて、伝説的な偉人たちの列にその名を刻むことになる強者。タニエラ・モアの死去についての知らせを受けるのは非常に悲しい」との声明を発表した。

モア氏は2005年、ニュージーランドのラグビーチームであるオークランドでデビューし58試合に出場。クラブチームでのキャリアにおいては、ベイ・オブ・プレンティ、スーパーラグビーのブルーズやチーフスに所属し、さらにフランスのセクシオン・パロワーズでもプレーした。

対フランス戦の国際試合でプレーするモア氏=2013年11月16日/John Berry/Getty Images
対フランス戦の国際試合でプレーするモア氏=2013年11月16日/John Berry/Getty Images

ロイター通信によると、代表でもハーフバックとして活躍し、21キャップを獲得。ニュージーランドで11年に開催されたワールドカップにも出場した。

同大会ではニュージーランド代表オールブラックスとの開幕戦や、準優勝を果たすことになるフランスから金星を上げたゲームなど、全4試合に出場した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]