乱入男性に女子サッカー選手が体当たり、審判はイエローカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピッチに乱入した男性がサム・カー選手に肩をぶつけられて倒れる/John Walton/PA/Getty Images

ピッチに乱入した男性がサム・カー選手に肩をぶつけられて倒れる/John Walton/PA/Getty Images

(CNN) サッカー女子欧州チャンピオンズリーグのチェルシー対ユベントス戦で、観客の男性がピッチに乱入して試合を中断させるハプニングがあった。チェルシーのサム・カー選手は乱入者に体当たりして吹っ飛ばし、観客の喝采を浴びたが、審判からはイエローカードを出された。試合は0―0のドローだった。

8日に行われた試合の終盤。携帯を手にした男性がピッチに乱入し、チェルシー主将のマグダ・エリクソン選手と一緒に写真を自撮りしようとして試合を中断させた。

エリクソン選手は男性にピッチから出ていくよう説得している様子で、観客からは男性に対するブーイングが巻き起こった。

そこへカー選手が登場。男性に駆け寄ると肩をぶつけて地面に転がし、観客のブーイングは歓声に変わった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]