体操男子個人の橋本大輝、接戦制し金メダル 東京五輪

体操男子個人総合は日本の橋本大輝が中国の肖を僅差で逆転し金メダル/Martin Bureau/AFP/Getty Images

体操男子個人総合は日本の橋本大輝が中国の肖を僅差で逆転し金メダル/Martin Bureau/AFP/Getty Images

(CNN) 東京オリンピック(五輪)の体操男子は28日に個人総合の決勝が行われ、日本の橋本大輝が接戦の末に金メダルを獲得した。

19歳の橋本は、得意とする最終種目の鉄棒で2017年世界選手権王者の肖若騰(中国)を上回りトップに立った。

総合得点は88.465点で、2位の肖との差はわずか0.400だった。

日本男子の個人総合優勝は12年ロンドン大会、16年リオデジャネイロ大会を連覇した内村航平に続き3大会連続。

銅メダルは現世界王者のニキータ・ナゴルニー(ROC=ロシアオリンピック委員会)が獲得した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]