「ロード・オブ・ザ・リング」出演者が資金集め、トールキン氏宅の購入目指す 英

英イングランド東部オックスフォードにある作家J・R・R・トールキン氏の旧宅/Courtesy Breckon and Breckon/Project Northmoor

英イングランド東部オックスフォードにある作家J・R・R・トールキン氏の旧宅/Courtesy Breckon and Breckon/Project Northmoor

(CNN) 英イングランド東部オックスフォードにあるファンタジー作家J・R・R・トールキン氏の旧宅が売りに出されることになり、同氏原作の映画「ロード・オブ・ザ・リング」の出演者らが購入のための資金を募っている。

トールキン氏は1930年から47年にかけて同宅に住み、小説「ホビットの冒険」や「指輪物語」3部作を執筆した。

クラウドファンディングを立ち上げたのは、映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでガンダルフを演じたイアン・マッケラン氏や、「ホビット」シリーズでビルボ役を務めたマーティン・フリーマン氏ら。トールキン氏の旧宅を購入して、同氏を記念した文学センターに改装したい考えだ。

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで小人ギムリを演じたジョン・リス・デイビス氏によると、資金集めに成功した場合、この建物はトールキン氏にささげられる世界初の文学センターになるという。

ただ、今回のクラウドファンディングではわずか3カ月で600万ドル(約6億2000万円)を調達しなければならず、道のりは険しい。

調達額のうち500万ドル超は住宅の購入に、残りは建物の改修や非営利の運営団体の設立に充てられる予定。資金集めがうまくいけば、ファンタジー作家を志す人やトールキン氏のファンに向けたプログラムを同宅で開催するという。

クラウドファンディングの運営団体はトールキン氏の読者に対して、可能な範囲で寄付を行ってほしいと要請。調達目標額には複数の段階があり、達成度合いに応じてトールキン氏の庭を再建したり、「ホビットの冒険」に登場する竜スマウグの巣を設置したりする方針だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]