俳優のマイケル・ロンズデール死去 「007」悪役など

「007」の悪役を演じた俳優のマイケル・ロンズデールさんが87歳で死去した/Fred Dufour/AFP/Getty Images

「007」の悪役を演じた俳優のマイケル・ロンズデールさんが87歳で死去した/Fred Dufour/AFP/Getty Images

(CNN) 人気スパイ映画シリーズ「007」の悪役などで知られる英国系フランス人俳優のマイケル・ロンズデールさんが死去したことが26日までにわかった。代理人がCNNに明らかにした。87歳だった。

死去は今月21日で、死因は伝えられていない。

ロンズデールさんは007シリーズの映画「ムーンレイカー」(1979年)で人類消滅を企てる実業家ヒューゴ・ドラックス役として出演。この他、「Ronin」「ミュンヘン」「ジャッカルの日」などの映画にも出た。

007シリーズのプロデューサーを務めるマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ両氏はツイッター上でロンズデールさんの逝去を追悼。「たぐいまれな才能にあふれる俳優で、非常に敬愛する友人でもあった」としのんだ。

ロンズデールさんの遺作の映画は、ウィレム・デフォーさんが主演した2016年の「Sculpt」となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]