バンクシーがロンドン地下鉄に新作、直後に消される

バンクシーの新作が登場したものの、すぐに消されてしまった/Banksy/Instagram

バンクシーの新作が登場したものの、すぐに消されてしまった/Banksy/Instagram

(CNN) 英国の覆面アーティスト、バンクシーがロンドンの地下鉄車内に、新型コロナウイルス感染をテーマにしたネズミの絵を描き、インスタグラムに動画を投稿した。ロンドン交通局はその数時間後、作品を消去したことを明らかにした。

バンクシーは14日に公開した動画の中で消毒作業員に扮し、地下鉄車内にスプレー塗料で落書きしている。描かれたネズミのうち1匹は、くしゃみで大量の飛沫(ひまつ)を飛ばす。ほかのネズミはマスクをパラシュートにしたり、消毒剤のボトルを持ったリしている。「バンクシー」と大きく書いた文字も見える。

動画の最後には、駅の壁に書かれた「ロックダウンされて」という文字の手前で「それでもまた起き上がる」と書いた車両のドアが閉まる。

これに合わせて流れるのは、英国のロックバンド「チャンバワンバ」による1997年のヒット曲「タブサンピング」の「ノックダウンされて、それでもまた起き上がる」という歌詞だ。

この投稿をInstagramで見る

. . If you don’t mask - you don’t get.

Banksy(@banksy)がシェアした投稿 -

交通局の報道担当者は、落書き禁止の厳しいルールに反するとの理由で作品を消去したと説明。一方、市民らにマスク着用を促そうという気持ち自体は評価すると述べ、「しかるべき場所に改めて制作してもらう機会を設ける」との方針を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]