休園中のディズニー島でキャンプの男を逮捕 「南国の楽園」と勘違い? 米

休園中のウォルト・ディズニー・ワールド内の湖上の島で男がキャンプ/Paul Hennessy/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

休園中のウォルト・ディズニー・ワールド内の湖上の島で男がキャンプ/Paul Hennessy/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルス対策のため休園が続いている米フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールドに侵入し、園内の島でキャンプしていた男性が警察に逮捕された。調べに対し、不法侵入だったとは知らず、「南国の楽園」だと思っていたと供述している。

オレンジ郡保安官事務所によると、男性は1週間キャンプするつもりでディズニー・ワールド内のディスカバリー・アイランドに4月27日または28日に立ち入り、30日に逮捕された。

米国内のディズニー・ワールドとディズニーランドは新型コロナウイルス対策のため休園中。ディズニー・ワールドは先月、医療手当てを継続しながら従業員4万3000人を一時帰休させると発表していた。

男性は不法侵入の罪に問われ、5月1日に保釈金を支払った。出廷の期日は6月に設定された。

男性が島にいるところを発見されたのは4月30日。保安官事務所によると、当局は公共無線放送を使って島への立ち入りが禁止されていることを通告した。島にたどり着くためには立ち入り禁止の看板を通り過ぎ、閉鎖されたゲート2カ所を通過する必要があった。

当局はボートやヘリコプターも使って男性を捜索した。男性は島内の建物の中で眠っていたので、そうした物音は聞こえなかったと話しているという。

男性は、ディズニー・ワールドの敷地内に二度と立ち入ってはならないと通告された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]