中国サッカー 広州恒大、10万人収容の新スタジアム建設へ

中国プロサッカーの強豪、広州恒大が建設を予定する新スタジアムのデザインイメージ/STR/AFP/AFP via Getty Images

中国プロサッカーの強豪、広州恒大が建設を予定する新スタジアムのデザインイメージ/STR/AFP/AFP via Getty Images

(CNN) 中国プロサッカーの強豪、広州恒大が10万人を収容できる新スタジアムの建設に着手した。完成すれば世界最大のサッカー専用スタジアムとなる。

広州市が「花の都市」として知られることから、新スタジアムは花の形をイメージしたデザインを採用した。総工費は120億人民元(約1800億円)で、2022年末までの完成を目指す。

新スタジアムの建設は今月16日に始まった。不動産開発大手の広州集団の社長は声明で、新しいスタジアムについて、豪シドニーの「オペラハウス」や、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの「ブルジュ・ハリファ」に匹敵する世界クラスの新しいランドマークとなるだろうと自信を見せた。

収容人数10万人のスタジアムが完成すれば、スペインの名門バルセロナが本拠地とするサッカー専用スタジアム「カンプ・ノウ」を上回ることになる。カンプ・ノウの現在の収容人数は9万9354人。

広州恒大は中国スーパーリーグ(1部)で8度の優勝経験があるほか、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)も2度制覇している。

中国スーパーリーグの開幕は2月下旬に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い延期された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]