バスケ米代表、13年ぶりの敗戦 連勝が78でストップ

バスケットボールの米代表が13年ぶりの敗戦を喫した/Andy Brownbill/AP

バスケットボールの米代表が13年ぶりの敗戦を喫した/Andy Brownbill/AP

(CNN) バスケットボールの米国代表がこのほど、豪州代表との試合に94―98で敗れた。米代表にとっては13年ぶりの敗戦となった。

国際バスケットボール連盟(FIBA)のランキングで1位の米代表は同11位の豪代表と24日、豪メルボルンで対戦して敗れた。豪代表にとっては米代表からの初勝利となった。

米代表はこれまで主要な国際大会などで78連勝していた。米代表が最後に負けたのは2006年に開催された世界選手権準決勝の試合だった。

米代表のヘッドコーチ、グレッグ・ポポビッチ氏は、こうした大会でどうやってプレーしなければならないか豪代表が教訓を与えてくれたと振り返った。ポポビッチ氏はまた「誰も永遠に勝ち続けることはできない」と述べた。

米代表は26日にシドニーでカナダ代表と対戦し、その後、中国へ向かい同地で開幕するバスケットボールのワールドカップ(W杯)に出場する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]