女性トイレに隠しカメラ、男を逮捕 007新作撮影の英スタジオ

撮影所の女性用トイレで隠しカメラが見つかり、男が逮捕された/Carl Court/Getty Images

撮影所の女性用トイレで隠しカメラが見つかり、男が逮捕された/Carl Court/Getty Images

ロンドン(CNN) 人気スパイ映画シリーズ「007」の最新作の撮影が進むイングランド・バッキンガムシャーにある映画スタジオの女性用手洗い所で隠しカメラが見つかり、49歳の男がのぞき行為の容疑で逮捕、訴追された。

地元のテムズバレー警察の報道担当者がCNNに明らかにした。隠しカメラが発見されたのは、新作「ボンド25(仮題)」が撮影されている「パインウッド・スタジオ」の女性用トイレ。

同映画の撮影日程はこれまで、監督が当初のダニー・ボイルさんからキャリー・ジョージ・フクナガさんに途中で変わる混乱や主人公ジェームズ・ボンドを演じる俳優ダニエル・クレイグさんが負傷し、足首手術を強いられるなどとして再三遅れている。今月初めには同スタジオで爆破シーンの撮影中にスタッフの1人が負傷し、舞台装置の外観が壊れるなどの騒ぎもあった。

この中で英国のチャールズ皇太子が20日、パインウッド・スタジオを訪れ、クレイグさんやボンドの上司「M」役を演じるレイフ・ファインズさん、Mの秘書のマネーペニー役のナオミ・ハリスさんらと懇談する一幕もあった。

クレイグさんのボンド役は最新作が最後となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]