NBAファイナル、ラプターズが初優勝 カナダ勢で初の快挙

ラプターズが米国外に拠点を置くチームとして初めてNBA制覇を成し遂げた/Lachlan Cunningham/Getty Images

ラプターズが米国外に拠点を置くチームとして初めてNBA制覇を成し遂げた/Lachlan Cunningham/Getty Images

(CNN) 米プロバスケットボール協会(NBA)の年間王者を決定するファイナルは、13日に第6戦が行われ、トロント・ラプターズがゴールデンステート・ウォリアーズを114-110で下し、4勝2敗で初優勝を果たした。米国外に拠点を置くチームがファイナルを制するのは初めて。

創設24シーズン目のラプターズはこれが初のファイナル進出。激しい接戦をものにし、昨季連覇を達成していたウォリアーズを退けた。

最優秀選手(MVP)はラプターズのカワイ・レナードが受賞。サンアントニオ・スパーズ在籍時に続く2度目のMVP獲得となった。異なるチームでの2度の受賞はカリーム・アブドゥルジャバー、レブロン・ジェームズに次ぐ史上3人目。

第6戦では、ラプターズのカイル・ラウリーとパスカル・シアカムがともに26得点をマークする出色のパフォーマンスを披露した。一方のウォリアーズは、クレイ・トンプソンがひざの負傷で途中退場するといったアクシデントにも見舞われ、NBA3連覇はならなかった。

試合はウォリアーズのホームであるオークランドのオラクル・アリーナで行われた。ウォリアーズはこの試合を最後に47年間ホームとした同会場に別れを告げ、来季からはサンフランシスコのチェース・センターに拠点を移す。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]