22年W杯、出場32カ国に据え置き FIFA発表

FIFAが22年のW杯の出場国について、48カ国への拡大を見送ると発表/Matthias Hangst/Getty Images Europe/Getty Images

FIFAが22年のW杯の出場国について、48カ国への拡大を見送ると発表/Matthias Hangst/Getty Images Europe/Getty Images

(CNN) 国際サッカー連盟(FIFA)は22日、2022年に中東カタールで開催されるワールドカップ(W杯)の出場国数をこれまでと同じ32カ国とする方針を発表した。

W杯の出場国をめぐっては、同大会から16カ国増の48カ国に拡大する案が検討されていた。

FIFAは同日の声明で「徹底的かつ包括的な協議を、関係するすべての利害関係者と行った。そのうえで、現状こうした提案を直ちに実現するのは不可能との結論に至った」と述べた。

また、開催国が被るとみられる影響などについても詳細な検証が必要との認識を示し、期限としていた6月までに拡大の是非を決定できない恐れがあると説明した。

カタールは10年に、22年大会の開催国に選ばれた。中東地域でW杯が開かれるのはこれが初めて。

カナダ、メキシコ、米国の共同開催となる26年大会について、FIFAはすでに48カ国が参加することで合意している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]