ヨーヨー・マ、米・メキシコ国境でコンサート 「壁ではなく橋を」

米テキサス州のメキシコ国境沿いで演奏を披露するヨーヨー・マさん/Gobierno de Nuevo Laredo/Facebook

米テキサス州のメキシコ国境沿いで演奏を披露するヨーヨー・マさん/Gobierno de Nuevo Laredo/Facebook

(CNN) 中国系米国人の世界的チェロ奏者、ヨーヨー・マが13日、米テキサス州のメキシコ国境沿いでコンサートを開き、国境の壁を建てずに橋を架けようと訴えた。

ヨーヨー・マは昨年から、世界36カ所でバッハのチェロ組曲を弾くツアー「バッハ・プロジェクト」を開催中。会場のひとつとしてテキサス州ラレドを選び、国境の橋を背景に演奏した。

聴衆に向かって「私は異なる文化や専門分野、音楽、世代の境目で生きてきた」と語り掛け、「国はホテルとは違うし、満員でもない」と主張した。

ヨーヨー・マは米国の歴代大統領8人の前で演奏し、これまでに全米芸術勲章や大統領自由勲章などを受章している。

ツアー開催にあたり、「ストレスと混乱、不安」の時代に「癒やしと目標、意義」をもたらしたいと話していた。

この日のコンサートは、ラレドとメキシコ側の街ヌエボラレドが共通の文化を祝して開いた交流行事の一環として企画された。ラレドのサエンス市長は終演後、「世界最高のチェロ奏者を迎えられたのは本当に光栄なことだ」と述べた。

バッハ・プロジェクトの次回公演は今月30日、南米ペルーの首都リマで開かれる予定だ。

  
      

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]