プラダ製品に「ブラックフェース」との批判、店頭から撤去

プラダが「ブラックフェース」との批判を受け製品を店頭から撤去した/Courtesy Chinyere Ezie

プラダが「ブラックフェース」との批判を受け製品を店頭から撤去した/Courtesy Chinyere Ezie

(CNN) イタリアの高級ファッションブランド、プラダが米マンハッタンの店頭に陳列していた製品に対し、黒人に扮(ふん)して顔を黒く塗る「ブラックフェース」を表現したものだとして、ソーシャルメディアで批判の声が上がっている。これを受けプラダは14日、製品を撤去した。

撤去されたのは「プラダマリア」と呼ばれるラインナップの一部。サルのような人形で、黒い顔に大きな赤い唇が描かれている。ニューヨークを拠点に公民権活動を行う弁護士が13日、ワシントンでの会議から戻った後にマンハッタンのソーホー地区にある店舗で偶然見つけた。

この弁護士はワシントン滞在中、スミソニアン協会が運営する国立アフリカ系米国人歴史文化博物館を訪れていた。フェイスブックへの投稿では、ブラックフェースに関する博物館の展示と類似していることに衝撃を受けたとし、この製品を見て「怒りに震えた」と書き込んでいる。

同氏の投稿は14日午後の時点で9000回以上共有された。

プラダは声明で、プラダマリアについて「想像上の生き物であり、現実世界を意識したものではない。ブラックフェースとは関係がない」と説明。不快感を与える意図はなかったとした上で、あらゆる形の人種差別や人種差別的な表現を拒絶すると表明した。

一方、同弁護士はCNN提携局WABCの取材に、プラダの対応は「人種差別的な表現に関して歴史上繰り返されてきた言い訳と同じ」だと語り、今回の件に誤解の余地やあいまいさは一切なかったと指摘した。

プラダマリアのラインナップは先月登場したもので、問題の人形は7つあるキャラクターの1つとなっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]