無名時代の「エアロスミス」がツアーに使用、小型バンを森の中で発見

エアロスミスが無名時代に使用、小型バンを発見

(CNN) 歴史物などを手掛ける米国のテレビチャンネル「ヒストリーチャンネル」は12日までに、米人気ロックバンド「エアロスミス」が無名時代の公演旅行で使っていた小型バンが米マサチューセッツ州チェスターフィールドの森の中に放置されているのを見付けたと伝えた。

車体には男性の図柄と「エアロスミス」の文字が描かれ、1964年製造だけに腐食が進んでいた。同バンドが1970年代に使っていた初代のツアーバスとしている。

バス発見を報じた同チャンネルの番組「アメリカン・ピッカーズ」の一員として加わっていたエアロスミスの元メンバー、レイモンド・タバーノさんが本物と確認した。

発見は、車が投棄されていた土地を購入した男性が同番組に連絡したのがきっかけだった。土地はエアロスミスと関係があった人物から買い取り、車は最初からあったと話している。

同番組は歴史的な意味合いがあるとしてこのバンを2万5000ドル(約278万円)で買い取った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]