セクハラ疑惑のモーガン・フリーマンさん、「性的暴行ではない」

モーガン・フリーマンさんが2度目の謝罪声明を発表した

モーガン・フリーマンさんが2度目の謝罪声明を発表した

(CNN) 女性8人からセクハラ被害の告発を受けた米俳優モーガン・フリーマンさんは25日夜、謝罪を表明する2度目の声明を発表し、自らの過去の行動は職場での性的暴行事件や虐待と同一視すべきではないとの考えを示した。

今回の疑惑はCNNが24日に最初に報道。フリーマンさんはこれを受け最初の声明を出し、「私は意図的もしくは知りながらも他人を不安にさせる人間ではない」などと主張していた。

2度目の声明では、24日の報道により自らの80年の人生が一瞬にして損なわれる危機に直面していると指摘。「セクハラなどの全ての被害者の声に耳を傾ける必要はあるが、性的暴行と場違いだったお世辞やユーモアを同一に受け止めることは正しくない」とも語った。

さらに自らの性格について、女性でも男性でも周りにいる人間を気楽にさせたい意図で女性に冗談やお世辞を言うことがあると説明。その上で、「明らかなことは私の意図する方法が通じなかったことだ。これが24日に謝罪した理由だ」とし、作為的でなかったとしても動揺させた可能性がある人物に謝り続けるだろうと述べた。

また、同様に明確にしておきたい点として、安心感が持てない仕事の環境を作ったわけでも女性を襲ったわけでもないと強調。「セックスの見返りに仕事の提供などもしていない」と続けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]