米MLB、中国市場進出へ テンセントと試合中継で合意

米MLBが中国のIT大手テンセントと試合中継に関して契約を結んだ

米MLBが中国のIT大手テンセントと試合中継に関して契約を結んだ

ニューヨーク(CNNMoney) 米大リーグ機構(MLB)は3日、今シーズンの125試合をストリーミング放送することで、中国のIT大手テンセントと合意したと明らかにした。テンセントによれば、同社のソーシャルメディアを利用するアクティブユーザーは10億人を超えるという。MLBにとっては、中国という巨大市場進出の足掛かりとなりそうだ。

試合中継は4日のクリーブランド・インディアンス対ロサンゼルス・エンゼルスからスタートする。

水曜日、木曜日、土曜日、日曜日のレギュラーシーズンの試合のほか、オールスターゲームやポストシーズン、ワールドシリーズなどについても中継を行う。

米国のNBAやNFL、NHLといった他の主要スポーツはすでにテンセントと契約を結んでいる。

テンセントはまた、中国国内をツアーする野球のイベント「MLBベースボールパーク」の公式パートナーになる。このイベントは毎年350万人のファンを集める。同社はMLBのファンクラブの運営にも協力するという。

MLBはこれまでにも中国市場開拓の取り組みを進めてきた。最初のオフィスを開設したのは2007年。中国人の野球選手の育成に向けた施設も運営しており、こうした施設からMLB契約を勝ち取った選手も出てきている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]