ショートトラックの斎藤、ドーピング違反で出場停止 平昌五輪

平昌五輪ショートトラック競技会場で練習する斎藤慧選手

平昌五輪ショートトラック競技会場で練習する斎藤慧選手

(CNN) スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪男子スピードスケート・ショートトラック日本代表の斎藤慧選手(21)を出場停止処分にしたと発表した。ドーピング検査で陽性反応を示したためとしている。

CASは斎藤選手について、抜き打ち検査を実施したところ禁止されているマスキング剤の陽性反応が出たと説明した。同選手は暫定的な出場停止を受け入れたという。

大会の公式サイトによれば、斎藤選手は13日に行われる5000メートルリレーに出場する予定だったが、12日に選手村を後にした。

今大会で薬物違反が発覚したのは初めて。CASは現時点で違反が競技の結果にいかなる影響も及ぼしていないことを強調した。

日本オリンピック委員会はこの問題で13日中に会見を開くとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]