イタリア、60年ぶりにW杯出場逃す 予選POで敗れる

2017.11.14 Tue posted at 14:45 JST

[PR]

(CNN) サッカーW杯ロシア大会の欧州予選プレーオフ第2戦が13日に行われ、イタリアがスウェーデンに0対0と引き分けた。このため、第1戦に1対0で敗北していたイタリアは60年ぶりの予選敗退が決まった。

W杯4度の優勝を誇るイタリアはサンシーロで7万人の観客を前に第2戦に臨んだものの、勝利をつかむことはできなかった。

キャップ数最多を誇るGKのブッフォンにとっては今回の敗戦が代表としての最後の試合となった。ブッフォンはBBCに対し、最後の代表戦がW杯予選敗退と重なったことは残念だと述べた。

2戦合計1対0で勝利したスウェーデンは本大会出場を決めた。スウェーデンの本大会出場は2006年のドイツ大会以来。

メールマガジン

[PR]